映像縦走

2017.5.6 弥山川 双門コース

3回目の関西最難関ルート
関西最難関ルートと言われる弥山川の双門コース。
高低差が激しく、ルートは不明瞭で、遭難者が多いコースですが、今回で3回目なのでまあ大丈夫でしょう。

白川八丁
熊渡の登山口から、分岐を経て白川八丁へ。
開けた場所ですが、伏流水といって、地下水が流れているそうです。

ワイルドコースの始まり
ガマ滝。水量はかなり少ない。この先何度も川を左右へ渡るので安全に渡れるのですが、迫力にかける。
ここからワイルドコースが始まるのでヘルメットをかぶり、左から巻いて上がっていきます。

無数のハシゴ
激しい傾斜と垂直のハシゴが何箇所もあり、かなり体力を削られます。
とにかく上を見ている時間が長いです。

巨大な石のアーチ
今回の目的の一つ「石の双門」。このコースの名物と言えば日本の滝100選にも選ばれる「双門の滝」が有名ですが、
過去に2回訪れているので、どうしてもこっちに来たかった。ここまでの道はかなり不明瞭で少し迷いましたがなんとか辿り着けました。
とてつもない迫力ですが、写真にその迫力を収める事は不可能でした。わかりにくいですが画像の真ん中少し下に僕が写っています。

ビバーク
疲れたので今回は途中でビバークです。
通常は狼平まで行ってテントを張りますが、時間的にも厳しかったので途中でテントを張りました。

大峰山の美味しい水
大峰山の水は甘くて美味しいんです。
いつもそのまま飲んでいます。
水がエメラルドグリーンに見えるのは
ミネラルを豊富に含んでいるかららしいですよ。
ベアが言ってました(笑)

5月の雪
5月ですが、まだ雪は残っていました。正直ここまで残っているとは思ってませんでしたので驚きました。

出発
荷物を全部パッキングして出発します。このコースはヘルメットあった方がいいです。

崩落の爪痕
崩落跡地。数年前の崩落により、避難小屋は跡形もなくなっています。

今回のゴールは狼平
狼平に到着。今回はここまで。次回は狼平には降りず、弥山まで直登する予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA