2017.6.3 鈴鹿山脈 雨乞岳

投稿日: カテゴリー: 縦走

鈴鹿山脈の秘境といわれるイブネへ
久しぶりのテント泊は鈴鹿山脈の雨乞岳 イブネ。
夜の間に大阪から出発し、登山口の駐車場にて仮眠。
6:00に起床し、7:00スタート。

緑のシャワー
新緑が太陽の光を透過させ辺り一面を緑に染める。まるで秘境にでも来たかのようだ。
今回の目的地は鈴鹿山脈の秘境と呼ばれている「イブネ」。
最初と最後に少し急登がある程度で、そこまで苦しいトレイルではありません。
ただ夏の鈴鹿はとにかくヒルが多く、みなさん色々対処されているみたいです。自分は特に何もしません。

昼ごはん
テント場についてテントを張って昼飯。今回の僕は手抜きでインスタント。チカはカレーを作ってました。旨そう!

旨いコーヒー
昼食後、チカがミルを使ってコーヒーを淹れてくれました。山頂でこのコーヒーは贅沢過ぎる。

苔のベッド
イブネは全面が柔らかい苔で覆われた、開けた場所です。360度パノラマの素晴らしいテント場でした。
ただ水は確保できませんので、持っていく必要があります。
昼食後に辺りを散策しました。

凍える俺
防寒着を忘れた僕はたまらず焚き火をしてしまいました。後から聞いた話ですが
この日の晩の山頂の気温は2度だったらしいです。そりゃ寒いって!

記念写真を撮って下山します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA