2017.7.9 大普賢岳周回コース

投稿日: カテゴリー: 縦走

ソロハイク
今回は大峰山の大普賢岳周回コース。
日本岳・小普賢岳・大普賢岳・弥勒岳・国見岳・七曜岳と
全部で6つのピークを越えるコースです。ネットでの情報によると
多くの人達が「上級者向け」とか、「ハードなコース」などと書かれていました。
当初は二人で行く予定でしたが、相方がダメになりソロに。
2日前の天気予報は「朝から雨」だったが、当日になれば「午後から雨」に変わっていたので、
早い時間から登って、午後までに降りる作戦で!
今回は一人という事もあり、トレーニングもかねてテン泊装備で一般コースタイムを目標に5時スタート。
この写真はスタートから1時間ほどの場所「石の鼻」絶景です。

石の鼻で休憩
最初から急登で1時間。なかなかしんどいです。石の鼻は開けた場所で絶景でした。
水を飲んで行動食を。来る途中のコンビニで買った「メープルシロップくるみ」なかなか美味しい。

間違って来た小普賢岳
小普賢岳。来るつもりなかったのですが、間違ってきてしまった(笑)
普通に考えると無駄な体力と時間を消費してまったとしか思えないので、
「一つでも多くのピークを踏めた」と前向きに考えるようにして先へ進んだ。

大普賢岳
小普賢岳からも急登は続き、7:30 大普賢岳に到着。2時間近くほぼ急登だったのでかなり疲れた。
荷物の重さは夏のテント泊装備一式と水を入れてジャスト17kg。ここからの眺めも最高でした。
太陽は出ていませんが、まだ崩れる気配もないので少し安心して15分ほど休憩を取ることに。

稜線の後は幻想的な苔の世界
大普賢岳から先はしばらく稜線が続き、太陽は出ていませんでしたがガスもなく、見晴らしもよくて気持ちよく歩けました。
稜線が終わると今度は幻想的な苔の世界へ。このあたりでテントを張れれば楽しいだろうな〜なんて考えながら歩いておりました。
問題は水の確保ですね。詳しく調べてないのでわかりませんが、近くに沢はなさそうなので自分で持ってあがるしかなさそうです。

カエルたち
今回はとにかく多くのカエルと遭遇しました。全てが10cm以上ありそうな手のひら大のカエル達。
ニホンヒキガエルです。同じ種類でも色・柄が様々で見ていて飽きません。
やはりここまで山奥にくると大きさが違いますね。ヘビに食べられるなよ〜と思いながら見送りました。
両生類に多く、本種もそうですが、皮膚に毒液を分泌する腺があるので、なるべく触らないで観察した方が良さそうですね。

これから始まる正念場
七曜岳には9:30に到着。スタートから4時間半が経過していました。重い荷物とハードな登りでかなり体力を消耗してしまった。
目標のコースタイムと午後からの雨で焦っていたのもあって行動食も食べていませんでした。
あまりに疲れていたので食欲はありませんでしたが、おにぎり一個をなんとか食べて、しばしの休憩タイムとしました。
ここから相当な下りという事なので、気合いを入れ直し出発します。

足が進まず・・・
七曜岳からは相当な下りで、登山口よりもさらに下るので最後にまた激しい登りが待ち構えていました。
体力的にも精神的にも最後の急登って本当にイヤですよね(笑)
行動食も食べずひたすら降りて、歩いて登って・・・。完全にシャリバテで足が上がりません。
この後は写真を撮る余裕もありませんでした。

岩場最強の靴
最後は何度も休憩しました。最近 FiveTen  CampFourという写真の靴を買ったのですが、濡れた岩へのグリップ力が凄まじいです。
全体的な作りも、ハイキングブーツのようなしなやかさもあり、登山靴のような堅牢性もあり、
これ一つでかなりの山行をカバーできそうな印象です。これ履いてしまうともう岩稜帯でビブラムソールは履けないです(笑)

そんなこんなで登山口へ帰ってきたのは12:30 スタートより7時間半。タイムはまずまずですが、反省点はいっぱい。
帰り支度を済ませ、13時頃に車で走り出した途端に雷雨!!集中豪雨かと思うほどの雨になったので、ギリギリセーフでした。

初めてのコースでしたが、噂通りなかなかのハードなコースでした。「急登や垂直のハシゴがたくさん」との事でしたが
前記事の「双門コース」で慣れているからなのか、それほど苦ではありませんでした。あっちはイヤになるくらいのハシゴですから(笑)

迷いやすいカ所も数カ所ありましたが、踏み跡とテープをしっかり探せばすぐに見つかりました。

終わりに
帰りに「杉の湯」というホテルの日帰り温泉を利用しました。露天風呂からの景色がとてもキレイでした。
定休日は水曜で、11:00〜18:00まで利用できます。大人700円・小人400円です。
温泉を上がってとなりのレストランで食事を済ませ、眠気と戦いながら大阪まで運転。(←ここが一番の危険カ所です)
今回はかなり疲れましたが、初めての大普賢岳を十分に堪能しました。
次はもう少し軽い荷物で余裕を持って周回してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA