クライミング

2017.7.15 小川山フリークライミング

小川山フリークライミングの3日間
3連休は所属山岳会のみんなで小川山に行ってきました。
金曜の仕事終わりに大阪を出て高速を走る事約7時間。廻り目平キャンプ場という所にテントをはります。
キャンプ場には4時に到着し、すぐに幕営。テントは4幕で総勢12人で3日間過ごします。
僕と数人以外はテント設営後すぐに就寝。僕は目が冴えてしまって眠れません。
結局そのまま寝れず、8時くらいに朝ご飯。

クライミングシューズを新調
外岩フリーという事で、普段履いているアルパイン用のタランチュラではちょっと厳しいので
フリー用にミウラを購入。ジムで少しだけ慣らしてきました。マルチ用にタランチュラも。
2足態勢で臨みます。気合いだけは十分。

そこはクライマー達の聖地
岩に向かうため準備をします。廻りを見てみると、大きなキャンプ場で、3連休という事もあって続々と人が集まってきます。あたり一面にドンドンとテントが増えていき、まるで行楽シーズンかのようです。一見すると普通のオートキャンプ場のようですが、よく見てみると歩いている人のほとんどがビナやヘルメットをぶら下げています。「これ、ほとんど全員クライマーやんけ!!」さながら全国からクライマーが集まっているんじゃないかと思わせるくらいの光景です。最初の取り付きに歩いている間も色んな岩に取り付いている人達。人の多さもそうですが、岩もそこら中にあり、まさにクライマー達の天国です。さすが日本のヨセミテと呼ばれるだけの事はあります。僕たちもポイントに向かい、各々登り始めます。先輩達にトップロープをかけてもらい、何度も落ちながら練習します。次にポイントを移動して写真の5.9の岩へ。僕でもあっさり登れたので5.9にしては甘いかな。

華麗な先輩達
華麗な動きで難しい岩を突破する先輩達。難しいカ所も先輩達がトップロープをかけてくれるので
安心して練習できます。ありがとうパイセン。

テントにいる天使
テントへ戻ると天使が待っていました(笑) 山岳会メンバーのお子さん。
テントキーパー&癒し担当。

夜は焚き火でBBQ
3日間は天使のお母さん(きららさん)が料理を作ってくれた。
全部美味しい!中でも一番のお気に入りはこのスペアリブ!家で仕込んで持ってきてくれた!
今まで食べた事のあるどのスペアリブよりも美味しかった!
この雰囲気での食事という事を差し引いても格段に旨かった!がっつりお肉を食べて
明日のクライミングに備えます。夜になっても宴会は続きました。
普段飲まないお酒(梅酒)も入って、昨日から一睡もしてない
松村さん、今岡さん、俺の三人が最後まで話していました。

2日目10Bの壁
二日目の朝、いつものザイルパートナー川平さんは、崎間さんと二人、「小川山セレクション」に行くみたいだ。
僕は副会長の中嶋さんと小林さんと松村さんとで最初の岩に向かった。
最初に取り付いたのは「センター試験 5.8」これはなんなくこなせた。
となりにえらく難しそうな壁。「卒業試験 10b」。
松村さんが取り付く。一度テンションかけるもトップアウト。
次に小林さん。ゆっくり確実にテンションかける事なくクリア。お見事です。
次にわたくしめ。もちろんトップロープで。めちゃめちゃ難しかった。
でも先輩のアドバイスを聞きながら、なんとかトップアウトできて嬉しかった。

3本目のスラブ 川上小唄5.8
今日は順番待ちが多くて、本数は登れてません。
卒業試験を終え、下っていくと川平さんが「川上小唄」にとりついていた。
他に順番待ちは無かったので、次に僕が登った。ここもリードでなんなく登れた。
終了点からの眺めが最高だった。写真は撮れませんでしたが(笑)

天使の母親強し!
この日最後を締めくくる壁「ホリデー10a」。1ピン目までが遠く、
それ以降は終了点までピンはないのでナチュラルプロテクションでランニングをとらなくてならない。
そしてグレードは10a。そんな所、自分が行ける訳もなく・・・。
先輩の松村さん、川平さんも怖がっていたところ、天使の母親きららさん登場!!
彼女が勇猛果敢にリードでトップロープをかけてくれた!すげー!

アンダー気味のレイバック
次に僕が挑戦。最初の1ピン目からのスラブに大苦戦。スラブなので手がかりがなく、
足場もかなり狭い・・・。どう考えても行けそうにない。
何度かテンションをかけ、もがいてもがいて結局A0。
その後も、アンダー気味のレイバックに苦戦。
完全なアンダーではなく、右肩上がりのレイバック。
楽しようとして、手から離れた位置に足を突っ張るが
それでは突っ張るための力が逃げてしまって、体が安定しない。
少ししんどいが、なるべく足を高くあげて突っ張る。
長く続けられるムーブではないので、素早く次のポジションに。
それを身をもって体験できたのはここでの大きな収穫だ。
なんとかトップアウトできた。

2日目の終わり
今日は本数こそ少ないが、簡単なのから難しいグレードまでかなり充実したクライミングができた。
今日の夜も焚き火を囲んでの宴会。ワイワイする感じではなく、落ち着いた雰囲気のお酒でした。
明日は午前中登って、帰りはロングドライブなので早めにテントに入りました。

最終日はマルチピッチ
来月後半に北岳バットレスに行く事もあり、練習のため最終日は
ガマスラブ5.9 全6ピッチのマルチルートへ。
中嶋さんと山口くんと川平さんと僕の2パーティー。
核心部はA0してしまったが、その他は特に問題なく。
写真は最終ピッチ取り付きにて。

全行程を終え帰阪
楽しい仲間と、美味しい料理と大自然の中でのクライミングを三日間も堪能できた!
クライミングに関しては全然登れなかったけど、それ以上に楽しく過ごせる事ができた。
これはやはり仲間のおかげです。またみんなと一緒にここに来たい!
そんな充実した三連休でした。帰りの車は8時間かかったけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA